ブラックになれて良かった!管理人の優良街金のお話

優良街金

生き方がダメだ。お金の使い方がクソだ。と言われたことはあるでしょうか?

管理人は、当サイトでブラックでも借りれる街金を紹介しているくらいですので、そういった罵詈雑言はしょっちゅう浴びています。

しかし、お金の使い方や、生き方に正解なんてあるのでしょうか?

正解な生き方ができない人は、死んだ方がマシなのでしょうか?

お金の使い方がクソみたいな人は、借金をすればいいのでしょうか?

そんな事ではないですよね。

ここでは、ブラックでも甘い審査で即日融資できる、そんな優良な街金融を紹介しています。

優良街金ならお金を借りれる、といってもそんな大それた金額ではなく、たかが数万円です。

しかし、このたかが数万円であっても、幸せを感じられるのであれば、そういった生き方が僕はいいですね。

資本主義社会なので人よりは金持ちにはなりたいと民は思うでしょうが、人生の勝ち負けにこだわれば、それこそ負けです。

幸せとは、小さなものであり、それに気がつけることが、人としての生き方であるべきです。

街金利用した管理人の話。融資してもらった後のコーヒー

僕は最初この街金を利用した時、いくら甘い審査で借りれると言われていても、正直不安でたまりませんでした。

何と言っても、免許証などではなく、社会保険証が必要だと言われたからです。もちろん、国民健康保険証でもいいのですが、社会保険があれば会社で働いているということがわかるので、在籍確認などを省けるとのことでした。

一応、こう見えても工場ではいっちょまえに班長をしていたので、給与には困っていませんでした。それでも、やはりちょっとだけ贅沢がしたくなるのが、人間ですよね。1万円でいいからお金を借りたかったのです。

でも、ブラックは大手消費者金融ではお金を借りることができず、中小金融も相手にしてくれません。

“ブラックOK”といいながら、結果的にダメだった経験も星の数ほどありますし、嫌な気分に苛まれたものです。

しかし、優良街金の場合。

ネットから申込んで数分、直ぐに電話がかかってきて、融資OKの連絡が来ました。

驚きました。だって、何処からも借りれなかったブラックの僕が、お金を数万円借りることができたのですから、こんな奇跡はありません。

そして、そのお金から数千円だけを引出し、近くのコーヒーショップでボーッとすることにしました。

今までの人生、そしてブラックになってからの生活、彼女に振られた辛い過去、さらには自分の夢であった車の整備工場で一流のエンジニアになること…。色々な事が脳裏をよぎります。

もう、俺はダメなんだな…。と思っていたので、この融資には衝撃を受けました。

そのチェーン店は、調子のってスタバだったのですが、いつもは味わいなんて考えたこと無いのに、その日に飲んだ300円のコーヒーのうまいこと…。

コーヒーを飲みながら、幸せな気分に浸りました。“あ、俺これでいいや”。これが、僕の答えです。

ブラックになって良かった…?

僕は、当サイトを立ち上げた理由は、ブラックの人にどんどんお金を借りてもらって、破滅に向かって突き進んでほしい、というわけではありません。

さらに、沢山多くの人たちにクリックされて、アフェリエイトや広告料をゲットしてウハウハになろう、とかそういったことでもありません。

そもそも、こんなマニアック過ぎるサイトで広告費を稼ごう、という挑戦ができるのは、一部の天才たちだけです。

まあ、僕もその天才の一味なのかもしれませんが(そうであってほしい)。

それはともかく、目的は、ただただシンプルです。

それは、皆に小さな幸せこそ、本当の幸せであり、そういった生き方をしてほしい、ということです。

例えば、年収が100万円の人であれば200万円の人が羨ましいでしょうし、200万円の人であれば300万円、そして500万円であれば800万円…と、キリがありません。

また、お金がないから結婚できない、というのは違います。

そういった、勝手に年収バイアス(思い込み・先入観)を自分でかけてしまっているだけであり、なぜお金を稼いでいることが幸せに直結するのでしょうか。

年収100万円しかない恋人たちが、二人でたまに回転寿司にいき、笑顔でまぐろユッケを食べている姿。

年収1000万円ながら、顔も性格も気持ち悪過ぎて誰も相手にしてもらえず、毎日風俗通い。連絡しても、相手からは無視され、結局通いつめてブラックリスト。自宅で、高級店の弁当を食べては、インスタで女子にコメントしてキモがられ、涙を流しながら2ちゃんねるで年収自慢。自分で股間を慰めながら、ついに果てて朝を迎える…。

どうでしょうか。僕は、後者になったら人生は最後であり、こういったクズには金を与えておけば消費すると、国が罠にはめているようにしか感じられません。

このサイトに来た人に幸せになってほしい。ただ、僕はこの思いを貫いてるだけなのです。

生きているとは素晴らしい!

僕は、バカです。しかし、生きていますし、それなりに生活ができています。

たまに、美味しいラーメンを食べますが、本当に幸せな気持ちで心が満たされ、生きていてよかった…と何度も涙を流します。

ブラックだから、もう自分は終わりだ。生き方が人とは違うことが気持ち悪い。こんなバカなこと、1ミリでも思ってはいけません。

闇金や街金でお金を借りながらも返済を上手にし、頑張っているアナタは、生きている資格があるのです。

ブラックでも、即日融資できる優良街金。

さ、この魅力溢れた現実を知ってください。

きっと、アナタの心がトキメキを放ち、そして宇宙へとその分子が誘われることでしょう。