良い人こそ、借金に陥りやすい。

アドバイス

気前が良い人というのは、一生その気前が良い自分を演じ続ける必要があるので大変だと思います。

気前が良い人は、何かしらお祝い事があると率先して散財してくれる良い人です。

そういった人が皆を幸せにする構図となれば、大変日本も明るくなるのですが、大抵は無理をしてしまっているので誰にも相談できないまま借金まみれになっている人もいるのです。

大手消費者金融でお金を借りて、そのお金を返済できずにどんどん仲間などの他人に奉仕してしまうという構図です。

本当に可哀想なのですが、彼も困った様子を見せないために周囲の人間も気がつきません。

仮に、大手消費者金融でお金を借りてまでやっている…ということが周囲に知れたら、皆が気を使ってしまうために身動きが取れなくなる可能性だってあります。

そのくらい、デリケートな問題として取り上げなければならないのです。良いひとだからこそ、優しさが仇となり借金しやすい体質だったりするのです。

さて、気前が良い人たちはこのままだと借金が多くなってヤバい…と分かっているのに返済が少しずつになってしまう理由は、どこかで誰かが助けてくれると思っているからです。

ここまでいい人扱いをしていたのですが、本当に出来る人は自分の限界以上のことをしようとはしません。

自分の持っている能力の限界値を超えてサービスをすると、必ず相手に求めてしまいます。

「こんなにやってあげたのだから、必ず返してくれよ」と、いったところでしょうか。まさにヤクザですね…。

良い人の範疇を超えてお金を使いすぎると、本人が困った時に、「お前らが俺に求めてきたのだから、俺が使ったお金はお前らの借金だから!」ということになる可能性があるのです。

そのため、常に借金を返済しないことで悲劇のヒロインとなっており、自意識過剰な日々を送ることとなるのです。

こうなると、もう取り返しがつきません。

片っ端からお金を借りる日々となってしまい、しまいには闇金にまで手を染めてしまう可能性すらあるのです。

闇金に手を染めたら、それは人生の最後となっても言い訳できません。

誰も、もう構ってくれませんし、無視です。

実は、限界を超えたサービスをしてくれた場合、受け取る側も下心が透けて見えてしまうので、その悪行がバレてしまうという欠陥があります。

これこそ、地獄のスタートと言えるでしょう。

表向きが良い人こそ、裏の顔もありますし、借金に陥りやすいのです。

今、この文章を読んで反省し始めた方だけに、こっそりとお教えしたいことがあります。

このサイトでは、大手消費者金融でブラック扱いされていたとしても、即日融資の優良街金を紹介しています。

優良街金はお金を借りる意味では最後の手段に近いかもわかりませんが、ブラックでお金に困っている人にとっての味方、この一言に尽きます。