信用度が重要です!債務整理ブラックでも借りれる優良街金!

信用

こんにちは、優良街金情報サイトです。今日は債務整理について書いていきたいと思っています。

お金の悩みなどの相談をしていく中で、人によっては「債務整理だけは絶対にしないほうが良い!」ということを言う方がいます。

私の知り合いに実際に債務整理をした方がいますが、本当にかなり大変だと言っていました。

その人は、今はどうにか立ち直って結婚もしているようですが、お金が本当にどこからも借りれなくなるのが辛いといっていましたね。

債務整理のようなブラックの場合、数年間は何もしなくてもお金を借りることができない、そういった人としてみなされます。

人を助けようが、国のために功労者となろうが、宝くじで2億円を当ててしまったとしても、確実にお金を借りることができません。

それだけ、社会的に終わっている…という烙印を押されてしまうわけなのです。

寂しいというか、何でここまで苦しませるん?というような、そのくらい厳しい制裁を加えられてしまうわけです。

ブラック=信用が無い人

としてのレッテルを貼られることになるわけですから、致し方ないのです。

その覚悟が無ければ、簡単に債務整理を実行してはならぬのです。

債務整理をしてはいけない理由は他にもあります。

信頼を稼ぐことができるチャンスを逃している…ということなのです。

実は、ホワイトとブラックというと、ホワイトが一度もお金を借りたことが無いというイメージですよね。

確かに、お金を借りた経験があるブラック連中に比べれば、借金なんて一度もしたことが無いという綺麗な人は、銀行や消費者金融の最大のお客様になるわけです。

建前では真面目そうな銀行ローンでも、今からどんどん金利を奪い取れそうな、まだまだ初心者こそ最高の獲物ですからね。

しかし、こういったガチホワイトの方でもじつは審査落ちすることがあります。

もちろん、不定期収入の仕事だったり、ニートというのは問題ですが、アルバイトだったとしてもです。

それは、「信用度」が関係しているといわれています。

信用度というのは、基本的にお金をきちんと返済してくれるような人なのか…ということを、推し量るものです。

50万円を融資してもらっている人がいたとして、2年間一度も滞納をせずに返済して完済できた方は、信用度がかなり高くなります。

そのため、他社でも信用がおける人には多額の融資枠が与えられることがあるのです。

お金を借りた経験が無ければ、信用度は上がらないのです。

この場所に来た方も分かっているとは思いますが、ブラックになる前に真面目に借金の返済を終えた場合、カードの保持を続けていたら、増額のお誘いがきましたよね?

それは、全て返済をしていたから、信用度が高まったということなのです。

完全なるホワイトの場合、まず最初に50万円ほどの枠を貰える人は稀です。

大体最初は、10万円とか20万円でしょう。そのくらい、初期の信用ではお金を借りる事は厳しいのです。

信用度を上げるためにどうしてもお金を借りて返済したいなら、絶対に債務整理はしたらいけないのです。債務整理は一巻の終わりです。

もしも、債務整理後でもお金を借りたいと思っている方は、このサイトで紹介している優良街金なら利用出来る可能性が高いです。

債務整理ブラックでも借りれる街金は、素晴らしく使いやすいサイトです。