延滞・滞納でブラックでも、優良街金で借りれます!

ブラックOK

消費者金融を利用している人たちの中には、ブラックと呼ばれている状態の人たちが少なくはありません。

かくいう僕もその一人だったのですが、ブラックと一言でいっても、どういった経由でブラック駅に到着したかは人それぞれです。

滞納をし続けてブラックまでたどり着いた人がいれば、延滞によってなってしまった人、お金を借り過ぎてしまうことでブラックとなってしまった人、債務整理、自己破産でブラックとなってしまった人…。

まぁ、ブラック駅という表現は我ながらさすがだなと思っていますが、まさにふきだめのように、ゴミやほこり、塵が集まってしまっているような世界なのです。

さて、そんななかで、滞納してしまったブラックの方はもっとも罪が軽いことで知られています。

なぜ、ブラックの中で滞納者だけが軽い罪で終わってしまうのでしょうか。

まず、滞納者の場合ですが、消費者金融側などが信用情報機関に報告しない限り、ぜったいにブラックとして扱われることはありません。

信用情報機関という場所は、ほかの消費者金融が審査をする時にどういった借入の履歴を持っていたか…ということの指針にしている履歴書のようなものです。

そのため、もしとある消費者金融で滞納したり、バッくれたりしても、その消費者金融が信用情報機関に報告しない限り、他の消費者金融で落とされることはないわけです。

一方、多重債務者の場合は必ず借り入れの金額は方向しなければなりませんし、債務整理や自己破産なども同様です。

そういった意味では、滞納というのはそこまで大変なことではないのです。

ただし、ポイントとしては滞納をして61日間を過ぎてしまうと、信用情報機関へという義務があるので注意です。

とはいえ、その後スッキリと支払いを終えてしまった場合、長くても2ヶ月程度は厳しいですが、それ以降は何も無かったかのようにお金を借りることができるのです。次に罪が軽いのが多重債務者です。

早い話しが、債務が減っていけば良いだけの話しで、それ以上のそれ以下でもありません。

ただただ、返せば問題無く終わりなのです。ヤバいのが、債務整理と自己破産です。

ある意味で、借金を払わずに逃げたという扱いとなっているわけで、「貧乏人」というレッテルとして信用情報機関で扱われているのです。

今後、滞納だけだったら、アナタはブラックとしてはまだまだ余裕です。

優良街金という個人向けの消費者金融であれば、ブラックでもお金を借りれる可能性があります。

ぜひ、優良街金などでブラックでも借りて、頑張って生きていきましょう。