大手消費者金融を借りるのは富裕層!?ブラックでも即日融資の優良街金で叱られろ!

ブラックでも即日融資

消費者金融でお金を借りた場合、ちゃんと返済ができないとブラックへとなってしまいます。恐らく、このことを知らない人は世界には存在しないでしょう。とはいえ、問題はここではありません。

そもそも、何故消費者金融を利用してしまったのか。ここを、注意深く考えていかないとならないのです。大手消費者金融などで借りたことがある、という方の多くの目的は特になしです。車を購入するとか、高価な楽器を購入する、生活費用が足りなくなって公共料金の支払ができない。ひとそれぞれ、それなりに理由というものは存在していますが、やはり厳しい懐事情を抱えている方は借入を行っていません。面白い話だとは思います。

そもそも、こういった大手消費者金融で借入をする方の多くは、余裕がある方というのが基本です。余裕があるのにも関わらず、何故こんな場所で融資を受けてしまうのだろうというのが、多くの方の一般的な疑問でしょう。

しかし、それこそが大手消費者金融などの策略でもあるのです。余裕がある、余裕資金を借りたいという方は返済能力があるといえばあるわけです。別に、生活に困っているわけでは無いが、もっともっと遊びたいという感覚へ陥ります。周囲にもいるかもしれませんが、異様に遊び歩いている方がいるものです。

そういった人は稼いでいるか、無理をしているか、異様に実家が金持ちであるかとか、こういった部分に集約されています。しかし、大人になるとこういった人たちを見ても大して羨ましいと思うことはありません。どちらかというと、もう良い年齢なんだからおとなしくしていれなば良いのに…という発想にたどり着きます。しかし、まだまだ若かったり、脳みそが上手に回転していない状況だと、そういった人たちを見て羨ましいという方向へ考えがシフトしてしまうのです。

ただ、余裕はあるのだけれども遊びほうけるほどの資金は無い。だからこそ、ちょっとだけ週末は豪華な場所でご飯を食べたいと思い、大手消費者金融で借りて思わずお金を散財してしまうわけです。こんなことをしていたら、お金が無くなるのはもう時間の問題です。あっという間に借り入れたお金は底をつきます。

しかし、ここまで来るともう止められません。だって、努力して稼いでいるわけでも無いのに、どんどん大きなお金が手元に入ってくるわけです。こんなこと、嬉しくて楽しくて仕方ありません。

そこで、大手消費者金融で知らぬうちに多重債務者となってしまうわけです。最初、別にそこまで苦しい生活を強いられていないのにも関わらず、どんどん自分から泥沼にズブズブ足を突っ込んでしまった結果が、こういった人生ということです。そのくらいのこと、はっきりと自分で認識してほしいと思います。冒頭にも言ったかもしれませんが、本当に生活が苦しい人は大手消費者金融では借入をしません。本末転倒のような気がしますが、それはリアルな話です。

何故かというと、答えは簡単です。今は良いだろうけども、毎月返済金が増えていき、本当に生活が困窮することを分かっているのです。月々、自由に使えるお金が1万円しか無い。こんな生活は、確かに苦しいです。

しかし、そこで大手消費者金融を借りてしまったら、月々にその1万円がいつか返済金に回ってしまいます。つまり、自由に使えるお金が無くなってしまう…ということなのです。当たり前かもしれませんが、それでは破産です。

こういったことを、逆にリアルにお金と格闘している方の方が詳しかったりするんですね。大手消費者金融で多重債務者となる方は、特殊な例を除いては、殆どが普通に生活力がある方です。実際、月に数万円を貯金できるような生活ができているわけです。50万円を借入していたとします。大体、最低でも2~3万円程度の返済金は発生するでしょう。

それが、3社などに増えていった場合、どう考えても結構な返済金となります。それでも、生活をすることができるわけですから、やっぱり大手消費者金融で借入ができる方は裕福なのです。富裕層がどんどん深みにハマっていくと、抜け出すことができません。

また、見栄を張るので周囲の人間もどんどんアッパー層へと変化していきます。貧乏人チームだと、「飲みにいこう!」と、いって入る居酒屋は訳の分からない飲み放題です、学生がワイワイいって、どんだけ飲んでも一人3000円に満たないでしょう。それでも、高級な時間を過ごしたと思うはずです。しかし、アッパー層の場合は、美味しいお店でないとキモイわけですから、一人頭1万円が最低レベルでしょう。

そこでお酒も、良いワイン、良い日本酒、良いウイスキーなどで結果的に2万円近くの飲食代となります。いいですか。こういった無理をする人は、そもそも優良街金で借りて、こっぴどく叱られてください。ブラックでも即日融資の優良街金は、本当に借りなければならない人を対象にしています。もう一度、ご自分を見つめ直して、借金と向き合うべきでしょうね。