ブラックが借りる、優良街金のキャッシング地獄体験談を紹介します!

ブラックでも即日融資

ブラックとなり、大手消費者金融で即日融資が出来なくなった方が大勢いると問題となっています。

遊び目的だけでなく、何か大切なイベントが起こった時にブラックだと現金が用意できずに信頼を失いかねません。

そんな時、ブラックだった方々はどうしているのでしょうか。ここでは、優良街金を利用したことのある方のキャッシング地獄体験談をひとつ紹介していきましょう。

● コンビニアルバイト 佐藤さん(29歳 女性)の場合

私は、小さな頃から声優を目指していました。アニメが大好きで、いっつも声優さんの真似をしては友達を喜ばせていました。声優の夢は年齢を重ねるとともにどんどん膨らんで行き、高校を卒業して専門学校へと通うようになりました。

しかし、実家はあまり裕福とは言えず、共働きだった母親が仕事中に大けがをしてしまい職場復帰できず、学費は自分でアルバイトをしながら稼ぐようになったんです。勉強とアルバイトの両立はそれはそれで大変でしたが、夢があったので後ろを無数に真っすぐに成功を夢見て突き進んでいたんです。

しかし、現実はそうそう甘くありません。なかなか仕事のチャンスが貰えず、卒業後もコンビニのアルバイトを続けていました。都会に住んでいたのですが家賃などが厳しく、親の僅かな仕送りもなくなるととうとうただコンビニバイトで毎日を過ごす日々となっていたのです。

これではいけない、と思い立ってシフトを減らし、自らを売り込む営業活動を始めたんです。しかし、こういった業界は厳しい世界ですので、才能が無いと結果努力しても虐げられるだけ…。家賃などを支払うにも厳しくなり、ついつい大手消費者金融に手を出してしまったんです。

本当の手軽に数十万円を借りることができ、今までの鬱憤をはらすかのように遊びほうけました。3社から借り入れを行い、200万円近くの借金に。返済と家賃だけでやりくりができなくなり、ついには闇金に手を出しそうになったんです。

そんな時、アルバイト先で深夜勤務だった男性から、優良街金の存在を聞きました。働いており、返済能力があるのであればブラックでも借りれると教えてくれたんです。

今、優良街金さんに相談してどうにか生活をしています。ちゃんと返済もできるように、正社員になることをバイト先の店長に伝えています。優良街金が無かったら、まだまだ危ない橋を渡り続けていたでしょう。優良街金のおかげで今があるのです。