日本街金検索センター

日本各地の街金を探しています。実際に私たち一般庶民が借りれる街金って少ないんです。審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社は街金しかありません。

*

タクシーヤミ金が逮捕!?そこから学べるヤミ金とヤフコメ民の寂しさ!

   

         

まず先に、自社審査の街金を見てみましょう!独自の審査方法なので無料で簡易的に借りれるか借りれないかを審査してもらえます。

↓↓↓

         

闇金でお金を借りるとは、何事だ。有識者やヤフーニュースのコメント欄は、こんなことをつぶやき、人のことなのにもかかわらず憤慨し続けています。

しかし、優良街金情報サイト管理人は考えます。こういった連中は、全く当事者たちの気持ちを分かっていない、意味の無い正義感を振り下ろして快楽を得ているだけだ、と。その理由をここでガッツリと言っていきましょう。

タクシーヤミ金を知っているか?

以前、タクシードライバー専門のヤミ金が逮捕されていました。

タクシー専門ということは、タクシードライバーだけが入れる謎の会員制サイトで審査していたのか、ということになりますが、これがすごい手口でした。

なんと、タクシーの運転手がその個人に電話をすると、その人の指定の場所にタクシーがやってきます。

そして、その人は、タクシーの車内で取引をするのですか、タクシー内にあるボイスレコーダーなどの録音機器は必ずシャットアウトさせることを前提にしており、それが確認できたら融資を行うというものでした。

もちろん、ヤミ金ですので金利は法定外。驚くまでもありません。結果、とあるタクシー運転手が何かしらのタイミングでゲロってしまい、タクシーヤミ金は逮捕されてしまった、というオチです。

タクシー仲間の憩いの男だった!

しかし、そもそもどうやって出会ったのか、なぜ電話番号を知っているのか、管理人的には謎でした。

この男を詳しく調べていくと、どうやらとあるタクシー運転手から火が点き、その人が仲間に電話番号を教え、口コミで広がっていたようです。

対象相手が、タクシーの運転手なのですから、そりゃあタクシーヤミ金にならざるを得ませんね。これは、逮捕されてしまったのですが、きっと彼らにとっては重要な存在だったのではないでしょうか。

警察に相談し、その返済日に声をかけて見張っていてもらえば、全ては解決したはずです。しかし、それができなかった。お金に、本当に困っていたのです。

正義だけで世の中歩めない

品行方正という言葉ありますが、クズである人間であるほど、自分をそういった人間だと勘違いして意見を言います。

間違いなく、存在意義が無いレベルの生活をしているのにもかかわらず、ヤミ金を借りたとか、貸したとかそういったことに異論を唱えます。誰だって、ヤミ金に借りたくはありませんし、ヤミ金何かしたくありません。

ヤミ金は、最悪な人物たちですが、彼らだってロックバンドとして売れたかったでしょうし、勉強を頑張って良い企業に入って普通に暮らしたかったでしょう。

しかし、そうはいかなかったので、これしか無かった…という寂しい人もいるのです。それなのにも関わらず、まさに自分は天井人だと言わんばかりの言葉を押しつけ、個人的には深い極まりありません。

問題は、なぜ借りてしまったのか、なぜこんな商売をしなければいけなかったのか、それを知るための意見を聞きたいですね。

まあ、こういった発言をしている方も、なぜこうなってしまったのか、寂しさを積み重ねてきた部分を知らないと管理人も批判できません。要は、和尚さんでも、教授でも、親でもない人の意見は適当である、ということなのです。

究極にお金に困ったときは利用したっていい

男だから泣いてはいけない、ということはもう古いと良く言われますよね。男は、人前で涙なんか見せてはいけないといいますが、それはもう古いです。

男性だって、女性だって、自由にすれば良いのです。そして、ヤミ金は絶対に悪徳業者ですのでダメですが、せめて当サイトがおすすめしている優良街金であれば、借りても良いと思っています。手数料や先引き、さらにはトイチだったりするかもしれません。

しかし、完済できるのであり、それで人生が少しでも潤うのであれば良いではありませんか。そもそも、アナタが優良街金を借りたことでグチグチ言ってくる人は、アナタが困ろうが死のうが、何も考えてはくれません。

1000円無いと死んでしまうかもしれない、という状態の時、そいつらはお金を出してくれるでしょうか。それとも、シカトでしょうか。間違いなく、後者でしょうね。

そして、アナタが街金で借りれずに亡くなったとしても、一ミリもそいつらの人生には影響を与えません。いいのです。借りたいのであれば、お金を借りて良いのです。優良街金は、今話題です。ぜひ、アナタの人生を潤わせるために、前向きに人生を進めていきましょう。

         

 - アドバイス, 街金ニュース