日本街金検索センター

日本各地の街金を探しています。実際に私たち一般庶民が借りれる街金って少ないんです。審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社は街金しかありません。

*

自社審査の街金は戦後日本が残した在日の方たちが作り上げたのか?

   

         

まず先に、自社審査の街金を見てみましょう!独自の審査方法なので無料で簡易的に借りれるか借りれないかを審査してもらえます。

↓↓↓

         

街金自社審査、消費者金融、個人の街金、闇金…。

お金を借りる上で注意しなければいけないことが多いこの世の中で、またまた新手の闇金や個人の金融屋さんたちがあらわれました。

より詳細に言えば、自社審査で行っている個人の街金は闇金ではないのですが、似たようなものと認識していいと言われています。

さて、こういった個人の街金は注意点がかなり多いのですが、選び方に根本的な部分があります。それをここでは紹介していきたいと思います。

在日系の自社審査街金について

在日朝鮮人というキーワードをぶつけるだけで、大盛り上がりする人たちが日本には少なくありません。

あいつは在日だ!ということを言うだけで、偏見や差別などヘイトスピーチだ!などその記事は大荒れに荒れることがあると言われています。

我々にようなマニアック過ぎる街金サイトだと逆に、“どうぞご勝手に”という感じですが、ちょっと大手のニュースサイトやポータルサイトで在日発言をすれば、瞬く間に記事がシェアされ大問題となります。

まあそれを目的でやっている人たちもいるので何とも言えませんが、とにかく“在日”というキーワードはかなりキラーワードということだけは間違いなさそうです。

さて、話を街金に戻しましょう。

基本的に、昔から金貸しを生業として行なっているのは在日の方が多い…と言われています。

朝鮮出身者たちが資金を集め、祖国へ持ち帰っているという噂が何年も前からまことしやかに囁かれています。

“真面目に外交できないので、悪さをして日本からお金をいただきます”といったところでしょう。

それは冗談ですが、歴史を調べると良く理解できます。

戦後日本は植民地としていた朝鮮半島を手放すことになりました。当時は日本本土に朝鮮・台湾・満州など様々な国と地域の方がいました。しかし敗戦し、引き上げなければなりませんが祖国はもう戦争でめちゃくちゃです。帰る場所はありません。しかしながら日本に残っても仕事は無く、差別もされました。そこで日本に残らざるを得なくなってしまった在日の方たちが、闇市などで商売を始めます。それから金貸しや賭博、用心棒(ヤクザ)などになったと言われています。

まず、この戦争・在日を頭に入れておいてください。

大手消費者金融はやりたい人はいない?

話は変わりますが、お金に困ったブラックの方がこの街金サイトを検索してこられたんだと思います。

借金…この世界に足を踏み入れるきっかけとなったのは、間違いなく銀行ローンや大手消費者金融の存在があるはずです。

大して真面目に働いてもいないのに、いきなり数十万円を融資してくれるのですから驚くのも無理はありません。

銀行など金利も何となく安いイメージですし、数十万円をいきなり手に入れて毎月数万円の返済で済ますことができるのですから有り難い限りです。

銀行から営業の電話で「この度金利が安くなりますので、ぜひ当行から融資受けませんか?!」など、謎の電話番号からかかってきた人も少なくないでしょう?

しかし、現実は甘くなく借金は膨れ上がり結果的に融資不可能。

中小金融や自社審査街金、ソフト闇金などさまざまな金貸し屋さんに断られ、結果的に新たな金貸し屋さんに目をつけたわけです。

もちろん、大手消費者金融も在日が絡んでいることは間違いないのですが、末端の人たちはごく一般人です。

つまり、大学や短大を出て就職先が無かったとか、仕方が無くここが求人を出していた…という理由で働いている人たちです。要するに、金貸しをしたくてやっている人はいない、ということになります。

上司に怒られるからとか、自分の査定に響くとかそういった理由でマニュアルを徹底しているだけであり、我々貧乏人のことを思ってサービスを出しているわけではないようです。

そのため、基本的にはマニュアル外のことはしてもらえずにブラックは融資されません。末端が在日でない、ということは借りれないの裏返しなのです。

デンジャラスな金貸し(闇金)は在日が多い?

翻って、闇金や個人金融はどうでしょう。

これらは、ほとんど個人がやっているようなものですので在日率が半端ではありません。在日の人たちは、普通の仕事に就いても差別されてきましたからね。戦争被害である意味可哀想なのです。

そんな状況の中、稼ぐ手段としたら我々お人好しな日本人を騙すしかないのです。戦後当時の在日の彼らは不安定な仕事をしながら収入を得ています。

つまり、生き死にがかかっているわけで、ブラックでも融資できるまさに闇金を考えつくのです。

それに乗っかってバカな日本人がブラック融資などを闇金業を行い逮捕されます。日本人は基本的にバカで歯止めがきかないので逮捕されます。アホなヤンキーとか土方の人たち、闇金の連中はすぐに捕まりますよね。

しかし、在日の方たちは捕まりません。なぜなら歴史の中で培ってきたプロであり、バックボーンも完璧なので本当に素晴らし商売をしているのです。たまに尻尾を掴まれ逮捕される人もいるようですが、それでもバックにいる黒幕は絶対に捕まりません。

つまり在日の方たちは金融屋のプロなのです。

もしも自社審査の個人街金から本気でお金を借りたいならば、在日の方たちと本気でやり取りする力がある人であれば街金自社審査や優良な個人の街金を利用してもいいでしょう。

しかし、彼らに何かされたとしても絶対に捕まえることはできません。在日の方たちは無敵です。それが在日特権です。それとDNAで日本人が嫌いという方も多く、面と向かって話することも無駄な場合もあります。

選ぶべき個人の街金融

さて、結果私たちのようなブラックが選ぶべき個人の街金融は、日本人が経営する優良街金や優良ソフト闇金ということになります。(もちろん在日の方の個人街金も優良な場所はあります)

こういったところは金貸しという仕事に魅力を感じ、ライフワークとして金融をしていきたいという人たちだけが集まっている業者だからです。

在日はいませんし、やりたくない…といってダラダラする人もいません。シンプルに、お仕事としてきれいな金貸しをしているのです。

街金自社審査や優良な個人の街金など、こういったマニアックな金貸しを思いつくのは基本在日ですし、そのほとんどが彼らです。

偽名なんていくらでも使えますし、騙してもバックの組織がヤバ過ぎて立ち向かうには怖過ぎます。街金自社審査を利用しようとしている方は、こんなことを伝えてみてはいかがでしょうか。

개인 간 거래, 그것이 도시 금융이다. 당신은 우리의 친구인가? 아니면 증오의 상대인가? 당신의 심부름을하고 싶다. 서울의 공중 화장실에서 만나자.

略します。

個人間の取引、それが街金融だ。君は、私たちの友達か?それとも、憎しみの相手か?あなたの手伝いをしたい。ソウルの公衆便所で会おう。

相手の返信によっては、アナタの人生が大きく動き出すはずです。

         

 - 自社審査